イタリアワインの格付けについて

イタリアワインの格付け(DOCG, DOC, IGPの等級)

イタリアワインの等級

イタリアで生産されるワインは、原産地呼称管理法(DOC:Denominazione di Origine Controllata)と呼ばれるイタリア国内のワイン法に基づき格付けがなされています。ワインブランドの保護や国際的な輸出促進を図るべく、ワインの品質を保証し、消費者に正しい情報を提供することを目的とし、ルールを定めています。このワイン法は1963年に制定され、上位からDOC、IGT、VdTの3つに分類されましたが、1984年にDOCGが最上位として加わりました。その後、2009年にはイタリアを含むEU内で使用される原産地名称保護制度に従い、DOP、IGP、Vinoの3分類に変更されました。しかし、現在でもDOCGやDOCといった格付けをラベルに表示することは認められていますので、混在して使われています。

 
最上級のランクから以下の通りとなります。
・DOCG (Denominazione di Origine Controllata e Garantita)
 統制保証付原産地呼称ワイン
・DOC (Denominazione di Origine Controllata)
 統制原産地呼称ワイン
 
2009年以降はDOCGとDOCをまとめて
・DOP (Denominazione di Origine Protetta)
 保護原産地呼称ワイン
 
DOPの下に、
・IGP (Indicazione Geografica Protetta), 
 保護地理的表示ワイン
 
がありますが、こちらも2009年以前の呼称は
・IGT (Indicazione Geografica Tipica)
 地域特性表示ワイン

です。IGTの下の格付けとなる、Vino、旧VdT (Vino da Tavola)でテーブルワインの意味です。使用品種や生産地を表示する義務はなく、DOC申請のないワインとなります。

 

DOCやDOCGの数について

現在(2021年10月時点)ではDOCは332もあり、DOCGは76あります。つまり、408ものDOPがあるということです。その下にIGPが118あります。今後も増減の可能性はあります。

 

DOCやDOCGとなる条件について

DOCと認定されるには規定された条件を満たし、審査を通らなければなりません。生産過程全てにおいて規定が定められ、生産地、栽培方法、ブドウ品種、最大収穫量、最低アルコール度数、熟成方法などの条件が細かに定められています。

最上級のDOCGでは更に厳格な規定が設けられており、申請するには最低5年間はDOCに属してなければならないといった条件があります。

IGTはその地域のブドウが最低85%使わなければならず、ラベルには使用されている品種と生産年が記載されます。

 

DOCGやDOCは高品質のワインであることを保証するものですが、IGPワインが必ずしも味が劣るという意味ではありません。中にはVinoでもDOCGに勝るようなワインもあります。トスカーナ州ボルゲリのサッシカイア(現在はDOC)のように規定に縛られたくないワイン生産者により高品質なワインが造られたケースもあります。

プーリア州はVinoの生産量が圧倒的に多い地域です。プーリア州のようにワイン生産量も生産者も多い地域では現地消費型のワインも多く生産されており、その中にはとても美味しいものも数多くあります。そんなお宝ワインを現地で見つけるのもワインの醍醐味です。イタリアへ旅行に行く機会があれば、是非現地のエノテカ(ワインショップ)やスーパーに足を運び、ワイン探索を楽しんでみてください。

イタリア州別・等級別ワイン生産量グラフ