ネグロアマーロ(Negroamaro)の特徴

ネグロアマーロ

名前の由来

ネグロアマーロ(NegroamaroまたはNegro Amaro)は、プーリア州の地場品種です。州内で広く栽培されていますが、主に州南部にあるサレント半島で栽培されています。イタリア農林省によると栽培面積は約12,000ヘクタール。

ブドウ名の由来は諸説あります。主な2つは、ラテン語で「黒」を意味する「niger」(黒)とギリシャ語で「黒」を意味する「mavros」とが融合したと考える説、そして、プーリア州の方言 "niuru maru"「黒い、苦い」に由来するという説です。いずれにしても、このブドウの特徴である濃厚な果皮の色に関連する単語と関係がありそうですね。

このブドウがプーリアで栽培されるようになった経緯も明らかになっていませんが、紀元前7~8世紀頃にギリシャから持ち込まれたと考えられています。プーリアの特に南端の地が栽培に適した環境であったことから、今ではイタリアの最も古いブドウ品種の一つとなっており、さらに、単なる土着品種である以上にサレントのシンボルとなっています。

サレント

 

ネグロアマーロの特徴

ネグロアマーロの栽培に適しているのは、サレントのような石灰質と粘土質の土壌です。この土壌が、収穫時期の9月中旬~10月初旬までの間、ブドウを熱と干ばつから守る役目を果たします。色調は若い時は濃いルビーのような赤ですが、熟成させるとガーネットのような、より濃く暗い赤に変化します。プリミティーヴォに比べると程よい酸味のあるフレッシュな味わいやタンニンの渋みを感じられることが多く、ラズベリーやチェリー、プラムの香り、風味が特徴です。樽熟成により、タバコや黒胡椒などの香りを呈します。

人気上昇中のブドウ品種

現在では多くの生産者がネグロアマーロ100%のワインを造っていますが、有名なSalice Salentino DOCのように他のブドウ品種とブレンドされる場合も多くあります。ブレンドされる品種は、マルヴァジア・ネーロやプリミティーヴォなど、ワイナリーによって異なります。ネグロアマーロは赤ワインだけでなくロゼワインとしても人気があり、イタリアで最初に瓶詰めされたロゼワインは、ネグロアマーロで造られたワインだったようです。最近のトレンドとしては、ネグロアマーロからロゼのスパークリングワインが造られています。また、ロゼのみならず、このブドウを使って白のスパークリングワインも作られており、バラエティーに富んだワインを生み出せる人気のブドウ品種となっています。 

おすすめのネグロアマーロはこちら

プリミティーヴォの特徴

ネーロ・ディ・トロイアの特徴

※他のブドウ品種(白ブドウなど)も「ブログ」の中で紹介しています。あわせて是非ご覧ください!