Cantina La Marchesa(カンティーナ・ラ・マルケーザ)の紹介

プーリア州北部の街ルチェーラにある、家族経営の個性派ワイナリー

1988年に設立されたCantina La Marchesa(カンティーナ・ラ・マルケーザ)は、ブドウ・ワイン造りを担うセルジオ・ルーチョ・グラッソと、ソムリエであり輸出業務やプロモーションを担当するマリカ・マッジ夫婦を中心として活動するワイナリーです(FIVI加盟)

ワイナリーがあるのは、プーリア州の中では北部にあたる街、Lucera(ルチェーラ)。彼らのブドウ畑は約15ヘクタール、海抜100mに位置し、砂質・石灰質・粘土質の土壌です。

ワイナリーから半径300m以内に畑があるので、毎日いつでもブドウの様子がチェックでき、さらに、特に神経を遣う収穫後のブドウ管理(ブドウ本来のアロマを損なわないよう直ぐにセラーに運ぶ必要がある)にも適していることから、質の高いワインを造り出すことが出来ます。

セルジオはワイナリーとしては3代目の造り手です。伝統的なワイン生産を得意とする彼は、ワインへの愛情に溢れています。彼のワイン、そしてブドウへの情熱は、厳格な性格なため「Nerone(ネローネ)」(暴君で知られる皇帝ネロのこと)というニックネームを持ちながら、ブドウ管理においては大変繊細かつ丁寧に行ったという叔父から受け継いだようです。

カンティーナ・ラ・マルケーザを立ち上げる前、セルジオはルチェーラ唯一のワイナリーで長年にわたりブドウ栽培を行い、地元のワイン協同組合にも積極的に参加していました。その後、彼自身のワイン造りにおける夢と野望を実現するためにも、カンティーナ・ラ・マルケーザを立ち上げ、自分たちのワイン造りを開始したのです。

また、セルジオはイタリアワインの品質と信頼性を高めるために、ワイン生産者の代表として諸機関に働きかけることを目的とした「 イタリア独立ワイン生産者連盟」:FIVI(Federazione Italiana Vignaioli Indipendenti)のメンバーでもあります。

とてもフレンドリーでワイナリー訪問者を楽しませてくれる陽気な性格のセルジオですが、ブドウ造り、ワイン造りに関しては、真摯かつとても情熱的に語ってくれます。

一方、マリカもワインに愛情と情熱を注ぐキラキラとした女性です。
マリカは、彼らのワインが造り出される土地であるルチェーラ、そしてプーリア州の文化・地域の美しさを多くの人に届けるべく、自身の経験・知識・熱意と人生哲学をもって、自分達のワインを広めるべく精力的に世界を飛び回っています。プロのソムリエとして、イタリア国内外での数々のコースやワークショップに参加したり、ワイナリーの仕事としてイタリア国内外へのプロモーションやマーケティングに携わっています。
彼女もホスピタリティ精神旺盛!で、どんなに忙しくてもワイナリー訪問者を心から歓迎し、手料理でもてなしてくれます。

マリカは、ワイン業界の女性の地位向上などにも熱心で、1988年に設立された "Associazione Nazionale Le Donne del Vino"(全国ワイン女性協会)のメンバーであり、プーリア州の代表者を務めています。この協会は、ワイン文化の普及を通じ、ワイン生産チェーンおよび社会全体における女性の役割向上を目的としています。 現在では、生産者、レストラン経営者、ワイン商、ソムリエ、ジャーナリスト、専門家など900人以上が参加しています。
収穫期にはチーム一丸で作業を進めます。
醸造所もブドウ畑に隣接するため、収穫したブドウは劣化する間もなく、非常にフレッシュな状態で直ぐにワイン造りが始められます。
チームメンバーとの作業風景。
彼らのワイナリーでは、プーリア州北部を代表する地場品種、ネーロ・ディ・トロイアを中心としたワイン造りを行っています。
ネーロ・ディ・トロイアのブドウ自体は、アントシアニンも多くなく、扱いが難しい品種ですが、彼らはこのブドウの特徴を上手く捉え、エレガントなワインを生み出しています。
ワインだけでなく、ボトルやラベルにも二人のこだわり、そして愛がぎっしり詰められたワイン達。
個性派な二人が造り出す、愛情と情熱たっぷりのワインをお楽しみください。