海底熟成ワインボトルの見た目の違いについて

海底熟成ワインボトルの見た目の違いについて

クルーソー・トレジャーのバスク海底熟成ワインはボトルごとに見た目が違います。その違いをご説明します。

ボトルの見た目の違い

「期待していたほどボトルに付着物がなかった」、これはバスク海底熟成ワインを入手された方からたまに聞かれる言葉です。なぜ私のボトルは商品写真のようではないのか?付着物が全然ないのか?それらの疑問はこの事実を知れば、より価値のあるボトルと感じていただけるかもしれません。

付着物が多いボトル

お手元にある海底熟成ワインのボトル表面が不透明で、フジツボや貝などの付着物が多く付いている場合、それは海底ワイナリー、つまり人工魚礁に住む小さな魚たちが隠れている、比較的穏やかな、より保護された場所でワインが熟成されたことの証です。

付着物が少ないボトル

ボトル表面がきれいで付着物が少ない、あるいはほとんど付いていない場合は、カンタブリア海の荒波の影響を受け、付着物が付くのが困難になるほどの力強い潮の流れに接していたということです。そのような過酷な環境下で熟成された証です。

いずれの場合も、クルーソー・トレジャーのワインは、海底熟成期間中にその進化を最大限に発揮します。

クルーソー・トレジャーのワインは、1本1本に物語があります。海底での熟成工程により、それぞれのボトルはユニークなものとなっています。同じものは2つとしてありません。それが、ワインに付加価値を与えるています。

海底熟成ワインはどこで熟成されているのか?

クルーソー・トレジャーの海底セラー(人工魚礁)は、カンタブリア海のプレンツィア湾にあります。海底でワインを最高の状態に進化させるために、その場所が選ばれました。

海底セラーは、多くの生物種の住処となる鉄とコンクリートの構造でできており、水深20メートル、潮の流れが強い場所に位置しています。

ワインボトルが設置された場所は、周囲の海洋動植物が海底セラーの外壁と内部空間を利用して生息する彼らの住処でもあります。それぞれのボトルは、海底セラー(人工魚礁)の異なるエリアに置かれ、それぞれの物語を紡いでいます。
そして、その場所に関係なく、クルーゾー・トレジャーのワインは、海底での熟成によってワインの素晴らしい進化を最大限に表現することができるのです。

Back to blog