Tenuta Patruno Perniola(テヌータ・パトルーノ・ペルニオラ)の紹介

テヌータ・パトルーノ・ペルニオラ ロゴ

テヌータ・パトルーノ・ペルニオラ

テヌータ・パトルーノ・ペルニオラは、プーリア州の中央部に位置するジョイア・デル・コッレにある、1821年から家族経営を行う小規模なワイナリー。オーガニックであるだけでなく、非常に職人的な方法でブドウ造りを行っており、地場品種であるプリミティーヴォ種とヴェルデーカ種のみを栽培、少量生産による高品質ワインの造り手です。 ブドウの出来によっては、造らないラベルもあるというほど、品質への強いこだわりを持つ。

ブドウ畑

畑の場所は標高360m~380mの丘の上に位置する。アドリア海からの風が強く吹き当たるエリアです。

プーリアはとても暑い地域なので、ブドウの酸が少ないことが問題になることもありますが、この畑は幸いにも丘の上にあり、昼と夜の寒暖差が大きいため、しっかりとブドウの酸が造られます。

また風が強く吹く地域のため、畑にカビが生えたことは一度もないそうです。

土壌は「赤い土地」と呼ばれるほどミネラル、特に鉄分が多く含む土壌で、ワインに特別なミネラル感を与えてくれます。

テヌータ・パトルーノ・ペルニオラではこれらの条件を考慮し、ブドウが最も美味しくなる最適な時期に収穫することで、酸をかなり高く保つことができるのです。

プリミティーヴォ種のブドウ
プリミティーヴォ 醸造風景

ワイナリーオーナーのパオロ。彼のワインへの考え方は、彼の言葉によく表れています。「良くないヴィンテージのワインはむしろ造らない。自分は小規模な高品質ワイン生産者であり、それは自ら選んだことなので、常に最高のものを提供しなければならないと考えるのは普通なこと。自分は正直な人間だ。ワイン造りにトリックはなし。ひたすら忍耐と努力あるのみさ。」

彼のワインへの考え方はボトルにも表れてます。ラベルによって形状の違うボトルを使っている理由を尋ねられた彼は、「ワインは自分の子供と同じ。それぞれに個性があるべきで、ワインごとにボトルの形は違う方が良い。」とのこと。

テヌータ・パトルーノ・ペルニオラ パオロさん

ストイックで真摯にブドウ造りに向き合いいつつも、古い慣習にとらわれず、常に最高品質のワインを情熱をもって追い求める、そんなパオロこだわりのワインを是非味わってみてください!

パオロさん ワイン説明風景